古川組の事業内容
About

解決策は技術力、挑戦心が推進力。

古川組の強みは、新しいことにチャレンジする姿勢とそこで磨かれた技術力です。
いつもお客様の立場で課題解決の方法を探っているうちに、できることが増えてきました。

土木技術を用いて港湾施設の整備をしたり、自然災害に備えたりする『港湾工事』。 船が航行できる水深や水域を確保するために海底の土砂を掘る『浚渫(しゅんせつ)』。 海洋建造物の基礎となるコンクリート製・鋼鉄製の大型の箱を 海底に沈めて設置する『ケーソンの製作と据付工事』。 専用の大型船舶による『海底地盤改良』や『杭打ち』。 地上においても大規模な造成工事などの『一般土木』も手掛けており、 わたしたちの事業領域は多岐にわたります。

古川組の事業内容

船舶設備 Ship equipment

地盤改良船

地盤改良船 第一古川丸

船体寸法 長さ67.0× 幅32.0× 深さ4.3m  排水量 4,900t
計画喫水 2.3m  リーダー高さ 67.0m (水面上)

地盤改良船 第一古川丸

地盤改良船 CMC7号

船体寸法 長さ67.0×幅30.0×深さ4.5m  計画喫水 2.2m
リーダー高さ 70.9~54.4m (水面上)

地盤改良船 CMC7号

起重機船

非航全旋回起重機船 400t吊 明石号

船体寸法 長さ61.5×幅24.0×深さ4.0m 満載喫水 3.50m
空荷喫水 1.47m 空荷 1,850t 満載 4,500t

非航全旋回起重機船 400t吊 明石号

ケーソンヤード

ケーソンヤード

所在地 〒424-0902 静岡県静岡市清水区折戸368-4
TEL:054-335-4944 / FAX:054-335-4894
製作能力 800t未満のケーソンの場合、4函同時製作可能
2函台を使用すれば、1800tまでの製作実績
ケーソンヤード

安全への取り組み Initiatives for safety

第九次F100 ゼロ災運動

方針 人間尊重の基本理念に基づき、
安全先行管理の徹底を図り
あらゆる災害を撲滅する。
安全目標 ゼロ災害 ゼロ疾病

以上を目標と掲げ全社員一丸となって、第九次F100ゼロ災運動を実施中です。
(平成28年7月1日 ~ 平成33年6月30日)

ゼロ災運動

当社のゼロ災運動は、昭和51年7月3日よりスタートし
5年をひと区切りとして方針・安全目標・スローガンを定め実施してまいりました。

Fは古川組、100は創業100周年を表しています。

ゼロ災運動